TEL:03-3871-3122
診療時間:午前 8:30~12:00 午後 20:30~22:30
定休日:年中無休

高度治療について

  • HOME
  • 高度治療について

「いわせ犬猫クリニック」の高度治療

「いわせ犬猫クリニック」の高度治療と、
高度治療を可能にする最新設備についてご紹介していきます。
CTおよび腹腔鏡手術用設備を核に、
陽圧換気システムを設置し、
酸素カプセルやマイクロバブルバスまで取り入れています。

高度治療
高度治療

考え方と設備導入

考え方
犬猫に特化した病院としての専門的な診察を目指すことが、当クリニック運営の基本理念です。
インフォームド・コンセントを大切にすることで、よりよい診察を心掛けております。
診療時間は22時半までと都内ではニーズの高い夜間診療も行っており、診療時間外の救急外来も対応しております。
患者さんである犬、猫、そして飼い主の方々のお気持ちに寄り添い、そのニーズに可能な限りハイレベルでお応えしていきたい。
「いわせ犬猫クリニック」の高度治療の実施は、そんな考え方に基づいています。

設備導入
質の高い診療を行うため、一般的な機器はすべて揃え、あらゆる検査に対応しております。
手術室は安心・安全な手術を受けていただけるよう、
陽圧換気システムを完備した専門の建物を病院に併設いたしました。
これにより、常にクリーンな空気環境の下で感染症などを未然に防ぐ体制を強化しています。
体への負担が少ない「腹腔鏡」手術専用の設備をいち早く導入し、
症例数も約1,000件という豊富な実績がございます。
ニーズの多い避妊手術は、開腹によらず、基本的に腹腔鏡下で実施しています。
さらに、酸素カプセルを設置し、治癒の促進、疼痛の緩和にも活用しております。
また、今後の再生医療への展望にもつながる、細胞培養の設備をクリニック・ビル内に設置しました。

設備導入
設備導入

最先端の医療機器CT

より正確に病気がわかるCTスキャン
当院では、医療機器整備の一環として、最新鋭のCTを導入しております。
動物体内の断層像を得るためのもので、最新のコンピューター技術を用いて1ミリ単位で精密な画像を作成し、解析することができます。
そのため、レントゲン検査やエコー検査では探りにくい、腫瘍がどのような位置関係であるかを把握することができますし、病気による小さな変化の発見や観察だけでなく、鮮明な3D画像(立体像)による観察も可能であり、病変部位をわかりやすく観察することができます。

無麻酔・迅速な検査
従来のCT検査では、撮影時に静止した状態を維持するために、麻酔を使う必要がありました。
また、麻酔を使う事ことは動物にとって、負担をかけてしまうことになり、麻酔のリスクを調べるために血液検査をする必要もありました。
しかし、当院で導入したCTは高速で撮影ができるため、麻酔を使う必要もなく、負担の少ない検査です。

CT検査でわかる病気
・腫瘍
・脊椎の病気(椎間板ヘルニアなど)
・頭・脳の病気(水頭症、脳腫瘍、脳内出血など)
・外傷(内臓損傷など)

医療機器
医療機器

高度医療のための設備の情報
主要設備
●検査機器類(一般血液検査、血液生化学検査、血中急性相蛋白検査、血中ガス分圧検査、糞便検査器具、尿検査器具等の器具を完備)
●内視鏡 ・CO2レーザー ・レントゲン室(X線撮影装置、デジタルX線画像診断システム、X線透視装置。)
●マイクロバブル

クリニックの施設ご案内